埼玉県日高市薪ストーブ設置工事

日高市の新築現場が完工しました。

H様邸では珍しくシルバーの煙突を採用しました。

設計の段階で、シンプルさを追求。

家との統一感も図りました。

屋根もサッシも雨どいも外壁コーナーも全部シルバーです。

煙突も見事にマッチしました。

壁から外部に長く煙突が伸びる場合、時間がたつと黒煙突の方が汚れや塗料の劣化が目立ってしまいますが、

シルバー煙突にはそれらが気にならないメリットがあります。 

煙突掃除も簡単にできる設計で安心です。

さて薪ストーブは北欧モダンシンプルのターマテック。

ターマテック社 TT22HS

対流とソープストーンの蓄熱の最新ECOデザインストーブです。

火入れは秋口に、また伺いたいと思います。

それまでお楽しみに。

ウッドストーブ匠舎 hitteco

さいたま市/薪ストーブリプレイス工事

さいたま市のK様邸では、薪ストーブと煙突の入替工事が完工しました。

2月にストーブが壊れてしまったとの修理相談をいただき、

訪問して状態をみるとストーブは、ひどくボロボロになっていました。

中側も外側にもクラックの状態で

もう一歩手前なら修理も検討できましたが、

シーズン中残り1カ月ほどはこのままご使用いただき、

煙突も含め、総入れ替えを夏の終わりころにしようということになりました。

25年間使用したストーブは、アイルランド製のウォーターフォード社のもの。

とても堅牢でいいストーブでした。

ウォーターフォード社 ニューダブリン

煙突はシングルのΦ120から6インチ断熱二重管へ新設。

before
after

薪ストーブは北欧ノルウェーのヨツール社「F400ECO」を導入いたしました。

before
after

以前も鋳物製のドア格子を選ばれていましたので、

好みのデザインかなと思いお勧めした「F400ECO」。

美しいアーチのドア格子はヨツールストーブのシンボルです。

さあ少しずつ秋も深まれば、新型薪ストーブの出番です。 

火を、そして至福のあたたかさを存分に愉しんでください。

ウッドストーブ匠舎 hitteco